もしも30代の既卒がハタラクティブに就職相談に行ったらどうなるか?

30代で気が変わってはじめてまともに就職したくなった時、年齢制限のない駆け込み寺として頼りになるのはハタラクティブくらいです。

  • 30代の相談者が1%
  • 40代の相談者が1%
  • 学歴不問
  • 社会人経験不問

とはいえ、そのハタラクティブでさえ、いざ相談に行った時に本当に相手をしてくれるのどうかといえば、未知数ではないでしょうか?

そこでハタラクティブで話を聞いてきましたので担当者が実際に話していた内容をもとに紹介します。

ハタラクティブ

最終学歴に関わらずサポート

ここがオススメ!
①相談のハードルが低い(中卒OK)
②就職の決定率が高い
③自由参加のセミナーで自信がつく

30代の既卒が就職サポートに行ったらどうなるか

ハタラクティブは未経験でも歓迎してくれる

結論から言うと、やはりOKでした。

実は30代の場合は経験者だけという話だったらどうしようかと思いましたが、未経験の既卒でも大丈夫です。

ハタラクティブに相談する人は未経験者が6割以上で、未経験の人に就職してもらうために存在しているからです。

ネットでは30代と40代が1%ずつとなっていますが、30代以降の相談者は全体の3%というのが最近の数字だそうです。(2017年11月時点)

ただし、あまり案件はない

ハタラクティブ的には良くても、実際に就職先があるかどうかは別問題です。

なぜなら、本人にいくらやる気があっても、30代をほしがる企業が少ないため、案内できないことがあるからです。

ハタラクティブは「人を雇いたい企業」と「働きたい人」を結ぶのが仕事ですが、企業の数が少なければどうすることもできません。

結果として30代以降の人がハタラクティブで就職を成功する率は低くなるんですね。

まとめ

やはり、このサイトを通して再三、注意喚起している通り、30代に入ると厳しいというのは間違いないといえるでしょう。

20後半でまだ相談に行っていないなら、迷っている暇はありません。

たった1歳の差も命取りになります。

29歳と30歳の間には大きな壁があることを自覚したあなたは今すぐにネットで会員登録をすませ、カウンセリングを受けに行きましょう。

カウンセリングを受ける前に登録手続きが必要です(30秒で完了)。

\クリックして会員登録する/

カウンセリング時間

平日と土曜日 (10時~21時)

カウンセリング時間は90分間。最終枠は19時半~21時です。

投稿日:2017年11月19日 更新日:

Copyright© 既卒・職歴なしニートからの脱却 , 2018 AllRights Reserved.