ジェイックの評判はなぜ悪い?悪評だらけの理由とは

就職支援講座が特徴的でメディアでもたびたび取り上げられているジェイックですが、ネットで検索するとかなり悪評も出てきます。

  • いい求人がなかった
  • きついことを言われた
  • 途中でリタイアする人もいた

ちょっと大丈夫かと心配になってしまいますが、なぜ悪い評判を見かけることが多いのでしょうか?

このページでは「ジェイックの悪い評判が多い理由」について紹介します。

ジェイック

実践的な研修制度

ここがオススメ!
①書類選考なしで集団面接に参加できる
②未経験者を育てる会社に就職できる
③地方にも相談拠点がある(全国で出張説明会開催)
④入社後フォローがある

ジェイックの悪い評判が多い理由

①営業職が多かったから

以前は『営業カレッジ』という名前で就職講座を行っていたことからわかる通り、ジェイックは営業を中心に紹介していました。

JAIC3つのお約束で「スーツを着て働くお仕事が中心」となっていることからもなんとなくわかりますね。

事務やエンジニアも紹介してくれますが、ジェイックは営業職が多いんです。

担当者に真相を確認したところ、これからの時代、事務職などはAIにとって変わられるとの予測に基づき、営業を勧めているという背景があるようです。

たしかに事務しかできなければ、AIに職を奪われたときに為す術がありませんが、AIが苦手とするであろう対人スキルなら勝機はありますからね。

しかし、このあたりの事実をしっかりと説明していないため、営業に興味がないのに参加してしまった人を中心に不満が出ています。

  • あえて圧迫する
  • 大きな声を出させる
  • 飛び込みで度胸試しをする

営業として内定をとるために講師があえてキツめに指導しても、体育会系のノリとして受け取りリタイアする参加者も出ます。

このあたりジェイックはもう少し説明する必要があると言えるでしょう。

②以前の研修が厳しすぎたから

ジェイックではかつてスパルタに近い営業研修を行っている時期がありました。

  • ミッションはジェイックが発行した冊子を売ってくること
  • アポ無しで企業に飛び込み
  • 商品を紹介しても良くて無視
  • むしろ突然の訪問にガチ切れされる

ネットがなく世の中の流れもゆっくりしていた昭和時代ならまだしも、平成に入って忙しさが増している中でこの営業スタイルだと断られないほうが奇跡です。

これでは評判が悪くなるのも仕方がないですよね。

でも、安心してください。今はもう行われていません。

ネットでジェイックの研修について検索するといまだに以前の研修について書いているサイトもありますが、内容が古くなっているので無視するようにしてください。

③費用が発生するから

ジェイックに相談すること自体は無料ですが、就職講座を受けるにあたっては必要経費がかかります。

  • 交通費
  • 懇親会の参加費
  • 昼食代

結局は講座に通うなら数千円〜1万円程度は必要なんですよ。

まあ、色々教えてもらった上にタダ飯が食えるわけがないことは普通に考えてわかりますよね。ジェイックだって利益が出ていないどころか、むしろマイナスです。

学生時代、学校に通うのにも経費がかかっていたはずですから問題ないとは思いますが、就活で勝ち抜くために必要最低限のお金すら払うことが難しい状況なら厳しいかもしれません。

なお、ジェイックに行けば、あなたと同じく既卒で就活をする同期と話をしたり、就職後も繋がるなどメリットもありますが、「自分には関係ない」と感じるタイプなら不満を感じるでしょう。

④支援実績が多いから

ジェイックは就職支援を開始してから17年とかなり経っていますから、当然、実績もあります(2018年時点)。

ネットやテレビ、新聞などにも取り上げられて目立っていますから、なにかで見かけたことをきっかけにジェイックに行ってみようと考える人もいるでしょう。

また、地方でも積極的にサポートをしていますからすでに多くの既卒が利用しています。(就職支援実績14,000人以上)

結果として最近できた就職サポートと比較すれば、ネット上の書き込みも多くなります。

SNSでは悪いウワサのほうが拡散されやすいですから、悪い部分も目立つというわけですね。

⑤研修が不要な人がいるから

ジェイックは20代なら誰でも参加できます。

これはすでに社会人経験がある参加者もいるということ。

しかし、求人だけを紹介してほしいケースではゼロから学びたい人が集まる研修の内容は退屈に感じてしまうんですね。なかには時間をオーバーするほど教育熱心な講師もいるため、逆にわかっている人からすると「もういいよ」となることも。

拘束時間が長いことを不満に感じて空いた時間にネットに悪い書き込みをする人もいるでしょう。

じゃあ、ジェイックはやめたほうがいいのか

ネットで検索してもらえばわかりますが、就職カレッジに感謝しているジェイック卒業生は意外と多いです。

中にはジェイックで紹介された企業には就職をしなかったけどジェイックに行ったのは正解だったという内容も。

  • 今があるのは就職カレッジのおかげ
  • 就職カレッジのほうが辛かったから今の仕事で大変な時も頑張れる
  • 営業に向いていないことがわかったのが収穫

とくに営業未経験者や社会人経験の浅い参加者からは好評を得ており、一概にダメと切り捨てることはできません。

ジェイックは教育研修事業のプロによるサービスなので、社会人としてのマナーや営業職のスキルを身に付ける上では経験しておいて損はないはず。

また、20年近く支援を続けていることで、あなたの受ける会社にジェイックを利用して入社した人がいる可能性も決して少なくないんですね。

もし、あなたが社会人生活を乗り切る基礎力をつけたいと考えているなら、一度ジェイックの説明会に参加してみてください。

まとめ

既卒になってから一人きりで就活するよりもアドバイザーや専任講師の力を借りたほうが、はるかに就職はしやすいです。

データによると、ジェイックの就職講座を受けた参加者は就職成功率が30%以上アップしているとのこと。

営業職を中心に探しているあなたはジェイックに相談することも考えてみてはいかがでしょうか。

相談したからと言って必ずジェイックで紹介された会社に就職しなければならないわけではありません。

まずは社会人マナーや営業スキルを磨くために参加し、就職成功率アップを目指してください。

\クリックして説明会を予約する/

投稿日:2018年4月28日 更新日:

Copyright© 既卒・職歴なしニートからの脱却 , 2018 AllRights Reserved.