既卒職歴なしの末路

ニートが20代のうちに就職し損ねると10倍ツライ理由

投稿日:2018年2月17日 更新日:

あなたは30代以降になってはじめて就職することの大変さを想像したことはありますか?

  • 遅いけどどうにかなりそう
  • 給料は低いだろうな
  • そもそも雇ってくれるのか

経験が無くてもなんとなく難しいのはわかるかもしれませんね。

断言しますが、実際にかなり苦労します。

このページでは「30代ではじめて就職する既卒ニートはガチで大変な理由」について紹介します。

30代ではじめて就職する既卒ニートはガチで大変な理由

怒られ方が半端ない

人間ですから時には失敗することもあるでしょう。

  • 若いからしょうがないな。
  • 俺も若い頃は◯◯みたいな失敗もしたよ
  • 次は気をつけろよ

若ければ笑って許されることも30代以降になれば許されなくなります。

20代なら説教の中にも愛情がありますが、30代で20代と同じミスをしたらそうはいかないんですね。

  • そんなこともわからないのか!
  • まったく何考えてるんだ!アホか
  • 次やったらどうなるかわかってるだろうな

30代は20代と比較して当然経験があるものとみなされるからです。

下手すれば辞めさせられますし、言葉の暴力も伴い、精神的に追い込まれます。再起不能に陥る可能性があります。

上司が年下

一口に会社といっても色々ありますが、平均年齢が30代の会社であれば当然20代~40代が中心になります。

早ければ20代半ばで部下を持つ人もいますから、上司があなたよりもかなり年下になることは普通に起こりうるでしょう。

日本は文化的に年上を敬う傾向が強いですから、ニートでも年を重ねただけで無駄にプライドだけが大きくなってしまうケースがあります。

それまでは年下から命令される経験がなくても、会社だとそう言うわけにはいきません。

もし、毎日、年下の上司から命令されるようなことがあれば、年上の上司からの命令以上にストレスを感じるかもしれませんね。

ダメな生活習慣を修正するのが大変すぎる

食べたい時に食べ、寝たい時に寝るような生活をしているとその習慣が体に染み付いてしまいます。

仮に20代から10年間同じ生活が続いていたとしたら、どうなるかわかりますね。

朝決まった時間に起きて、会社に行くことが苦行になります。

ニート生活は体力も低下しますから、身についてしまった悪い習慣を修正する苦労は並大抵ではないでしょう。

健康診断も受けていないから病気の発見も遅れます。

まとめ

以上のように、20代と変わらない能力のまま年をとってしまうと後から挽回するのが難しいだけではありません。

能力を身につけている間さえも苦労が何倍にも感じられようになります。

あなたは20代のうちに就職先を決定し、未経験で30代を迎えるリスクを回避してください。

既卒・職歴なしで正社員を目指すなら「就職サポート」が必要だ!

卒業してからずっとニートのあなたは焦り始めていませんか? まわりはみんな働いていて話が合わない 同級生との差が一気に開いてしまう このまま空白期間が長引けばどこも採用してくれないかも 親戚に合わす顔が ...

続きを見る

-既卒職歴なしの末路

Copyright© 既卒・職歴なしニートからの脱却 , 2018 AllRights Reserved.