脱・既卒ニートガイド

20代のうちに未経験から正社員で就職する方法

既卒がプロエンジニアのプログラマカレッジに相談する前に知るべきこと(総まとめ)

このページを見るだけで、プロエンジニアでプログラマカレッジの申込みをする前に知るべきことはすべてわかるようになっています。

 

ProEngineerプログラマカレッジとは

インターノウス株式会社が運営する20代未経験者のためのプログラマ専門の就職支援サポートです。

ProEngineer(プログラマカレッジ)

プログラマー希望者専門
完全無料のインターンシップ

ここがオススメ!
①就職率が高い(96.2%)
②優良企業への就職が可能
③途中でリタイアしても金銭的負担なし

面談エリア虎ノ門

 

プログラマカレッジの特徴、他の就職サポートとの比較

プログラマー志望者限定の完全無料IT研修

プログラマカレッジはプログラマーを目指す未経験者に特化してサポートしています。

普通はプログラマーになろうと思えば、スクールに通うために20〜30万円の授業料は覚悟しなければならないでしょう。

しかし、プログラマカレッジは完全無料です。

じゃあなぜ無料で学べるのか?

それはIT系企業が協賛し、スクール開講のための資金を出資するという仕組みで成り立っているからです。

無料でプログラマー教育を受けられるので授業料が払えなくてプログラミングスクールにいけない場合には大助かりですよね。

(しかも、ビジネスマナー研修や模擬面接も受けられます。)

実践型の研修

ECサイトの作成やアプリ開発など実務形式の学習をします。

さらに現場で通用するようにチーム開発やドキュメント(仕様書)の読み方まで学べます。

もちろん研修で作った制作物を面接で提出できますよ。

これなら何も持たずに手ぶらで挑もうとする未経験の既卒組と比較して有利なのは明らかです。というか、差が圧倒的なすぎてライバルにすらなりません。

 

学べる言語や技術


Java, PHP, HTML, CSS, Stuts, Smarty, PostgreSQL, MySQL, JUnit, Linux,Apache

 

プログラマカレッジに相談するメリット

①就職率が高い(96.2%)

プロエンジニアは求人数や協賛企業数が多く、プログラマカレッジ卒業組の既卒は高い就職率を残しています。

96.2%といえば、就職できないほうがおかしいというレベルの数字ですよね。

実績は間違いなくトップクラスです。

現場レベルの経験していることも未経験者でも正社員として就職できる理由でしょう。

保有求人数


3,500件以上

 

②優良企業への就職が可能

プロエンジニアを通して、大手に就職するプログラマーもいます。

例えば…

+ 就職先企業を確認する

サイバーエージェント / LINEグループ / ネットイヤー / ドリコム / KDDIグループ / 楽天 / enish / オウケイウェイブ / ソフトバンクグループ / NaviTime / IMJ / リクルートグループ / 伊藤忠グループ

既卒で有名企業に入ることは難しいです。どう考えてもノウハウやコネのあるプロエンジニアを味方につけるのは大きな意味がありますよね。

 

③有給でインターンも経験できる

プロエンジニアはスキルを習得だけでなく、インターンもサポートしてくれます。

インターン先


クルーズ株式会社

※六本木にあるソーシャルゲームやネット通販が中心の企業です。

 

④チーム開発ができる

既卒でニートをしているとどうしても孤独になりがちですが、プログラマカレッジでは受講者同士の交流があります。

(チーム開発で仲間と一緒にプロジェクトを進める研修が用意されています。)

お互い刺激しあって就職へのモチベーションも出てきますよ。

 

⑤途中でやめても金銭的負担なし

プログラマカレッジと同様に未経験者を教育し、プログラマーに導くサービスは存在します。

しかし、途中で辞めると「教育にかかった費用は請求します」というスタンスのサービスもあるんですね。

これだと気軽にチャレンジできませんが、プログラマカレッジであればその心配はなし。

安心して参加できます。

 

ProEngineer(プログラマカレッジ)への登録をオススメできない既卒

①プログラマー以外の職種にも興味がある

 

プログラマカレッジはプログラマー志望者だけを支援をしています。

その代わり、別の職種も一緒に目指すのにはまったく向いていません。

そもそもの話ですが、プロエンジニアは本来、数十万円かかる研修費用を受講者の負担にせず、提携先に出資してもらっています。

だから紹介される就職先もプロエンジニアを運営するインターノウスの提携先になります。

また、当然ですが、スキルをつけるだけつけて就職せずにバックレるなどという行為も論外です。

(これは仕方ないですね。本気でプログラマーとして働きたい既卒組のためだけに講座をひらいているわけですから。)

+ インターノウスの提携先企業を確認する

サイバーエージェント / LINEグループ / ネットイヤー / ドリコム / KDDIグループ / 楽天 / enish / オウケイウェイブ / ソフトバンクグループ / NaviTime / IMJ / リクルートグループ / 伊藤忠グループ

 

②年齢要件をクリアしていない

30歳まで

プロエンジニアは「30歳までなら職歴も学歴も問わずにサポートしている」のですが、それ以上は厳しいとのこと。

これだけはどうにもなりません。早く動き出した人が有利なんですね。

今後、国を挙げてプログラマーを育成するようになれば年齢不問になる可能性はありますが、残念ながら諦めるしかありません(2019年11月現在)。

 

既卒がプログラマカレッジのサポートを受けるための条件

とくに難しい内容ではありませんが、最低限以下の条件を満たす必要があります。

  • 上限年齢:30歳(30歳はギリギリOK)
  • 無料体験面談に参加すること
  • 早めに応募すること(定員オーバーの可能性あり)

 

\面談予約を申請する/

プロエンジニア公式サイト

 

プログラマカレッジの評判

https://twitter.com/Tommy07Tommy07/status/999525269361704960

 

プログラマカレッジの相談方法※完全無料

プロエンジニアは本社で行われている無料体験面談に参加するところから始まります。

面談には予約が必要なため、まずは登録を済ませましょう。(来社で1,000円分のクオカードプレゼントあり。)

\面談予約手続きへ/

プロエンジニア公式サイト

毎月定員が決まっています(30名)。申し込みのタイミングが遅いと開始時期も遅くなるので注意してください。

投稿日:2019年11月17日 更新日:

Copyright© 脱・既卒ニートガイド , 2020 All Rights Reserved.